ご挨拶
歯周病は歯茎など歯の周囲に起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。歯周病になれば歯を支える歯茎が炎症を起こし、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が徐々に崩壊されます。厚生労働省の調査によりますと、歯周病の予備軍にあたる人はおよそ10人に7人いることがわかりました。 虫歯は歯そのものが溶ける病気、歯周病は歯肉炎と歯周炎をあわせた総称で、歯ぐきなど歯の周りの組織が炎症を起こし歯槽骨が溶ける病気です。
ご挨拶
歯周病になっている人の年齢別グラフ25歳〜64歳の年齢層において、およそ76%〜81%の高い割合で歯周病(歯石沈着を含む)にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあれ歯周病にかかってるといっても過言ではありません。


ご挨拶
歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に食べカスが残っているとそれを栄養源として細菌が繁殖し、 歯垢(プラーク) という細菌の塊が歯の表面にへばりつきます。これを放っておくとプラークは石のように硬い歯石になり、さらにプラークがつきやすくなります。プラークの中の 歯周病菌 が歯ぐきに炎症を起こし、歯周ポケットを作ります。炎症が進んでポケットが深くなるとアゴの骨の一部である歯槽骨が破壊されます。
ご挨拶
歯周ポケットの中に隠れて見えない歯石と喫煙です。
目で見える所につく歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石が歯周病を悪くします。タバコを吸う人は、吸わない人よりも歯周病を引き起こしやすく悪化のスピードが速いため、改善しにくくなります。ニコチンが血流を悪くするため歯ぐきに酸素や栄養が行き渡らず、歯ぐきの抵抗力が弱まってしまいます。
ご挨拶
・出血は歯周病の特徴。
・歯周ポケットの深さで進行の度合いが分かります。

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯ぐきの状態をみれば分かります。歯茎からの出血は歯を支える歯ぐきに炎症がある証拠で、歯周病の特徴的な症状と言えます。炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯を支えている顎の骨の一部である歯槽骨の破壊がはじまります。歯周ポケットの深さが4mm以上になると病状はかなり進行しているといえます。ポケットの中は歯周病菌が繁殖しやすい環境なので、歯周ポケットの深さが6mm以上になると歯槽骨の破壊
がさらに進み、ついには歯が抜けてしまいます。