ご挨拶
プラークや歯石を放っておくと、歯周病菌の影響で歯ぐきが赤く腫れあがってきます。炎症が歯ぐきにとどまっている状態が歯肉炎です。炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると 歯周炎 と呼び、歯槽骨の崩壊がはじまります。これが 軽度歯周炎です。ポケットが深くなると歯槽骨の破壊が進み歯がぐらつきはじめます。これが中等度歯周炎です。歯根のほぼ全体が露出するほど歯槽骨が崩壊されると、歯が自然に抜けてしまう事があります。これが歯を失う最大の原因の重度歯周炎です。
歯周病の進行イメージ
1、健康な歯周組織

・歯ぐきの色:薄いピンク
・歯ぐきの状態:

健康な歯ぐきは薄いピンクで弾力と張りがあり引き締まっています。健康な歯周ポケットは0.5〜2mm程度です。ブラッシングをしても出血がありません。この状態を保つには歯肉溝にプラークがつかないように、適切なブラッシングを行い、定期的な歯科医院で健診を受けることが大切です。

 

2、歯周炎

・歯ぐきの色:少し赤みがある
・歯ぐきの状態:

軽度の歯周炎は歯ぐきが少し赤みを帯び腫れた状態になります。この状態の歯周ポケットは3〜4mm程度です。この場合の治療方法は、病気の原因であるプラークや歯垢を丁寧に取り除く事から始まります。

 

3、中程度の歯周炎

・歯ぐきの色:真っ赤もしくは赤紫色
・歯ぐきの状態:

中程度の歯周炎になると、口臭がひどくなり、化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは4〜5mm程度です。この場合の治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。フラップ手術は局所麻酔後、歯ぐきを切開し、深い部分に隠れているプラークや歯石を取り除き、歯周病の進行を止める手術を行うことがあります。

 

4、重度の歯周炎

・歯ぐきの色:真っ赤もしくは赤紫色
・歯ぐきの状態:

重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯ぐきがさらにぶよぶよと腫れ、化膿がさらに進み退縮します。歯と歯の間が広がり、歯ぐきが退縮して、歯が長く見えます。この場合の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生を図ります。しかし、ここまで進行すると抜歯となる可能性もあります。

 

5、歯周炎の治療後

・歯ぐきの色:薄いピンク
・歯ぐきの状態:

様々に治療で歯周炎を克服された患者さまは、ここで終わりではありません。歯科医院で定期的な健診と正しいブラッシングを学び、また歯周炎にならないように日々のメインテンスは不可欠になります。

不幸にして抜歯などで歯を失った場合、再生療法とインプラント治療を施すことにより、以前の健康な時の歯と同様な噛み心地や見た目を手に入れることも可能です。