歯科レーザー治療

レーザー治療器を使っての治療は痛みが少なく、安全で、再発する可能性が低い予知性の高い治療です。レーザー光には強いエネルギーがあり、1000度を超える熱が発生しますが、わずか1万分の3秒という短い単位で照射されるため、わずかな痛みですみます。例えれば、シャープペンシルの芯で突かれたような瞬間的な痛みです。このレーザー治療を歯周病治療に取り入れることにより様々なメリットがあります。

レーザー治療のメリット
@痛みがほとんどない
A 傷んだ歯茎を早期に直す作用がある
B 歯石が再付着しにくい
C 複雑でデリケートな歯周ポケット内の治療が可能である


通常、比較的軽い歯周病の場合にはプラークコントロール、歯石取り、PMTC、症状が少し重い場合にはスケーリング・ルートプレーニングという治療法で歯周病の治療をしていきます。
しかし、この治療の場合、症状により麻酔が必要であったり、出血が酷かったりと治療が思うように進まない事もあります。また、術後の治癒期間の経過も遅い傾向にあります。

それに対し、レーザー治療は麻酔も必要ない場合が多く、治療と同時に患部(歯周ポケット)への殺菌・消毒や消炎もしてくれる為、治癒期間の経過も非常に良好となります。治癒期間の経過がよく、回復の為の期間も短ければその分、治療も短期間で集中して行う事が出来るため、患者さんの負担も軽くなります。

 

通常、比較的軽い歯周病の場合にはプラークコントロール、歯石取り、PMTC、症状が少し重い場合にはスケーリング・ルートプレーニングという治療法で歯周病の治療をしていきます。
しかし、この治療の場合、症状により麻酔が必要であったり、出血が酷かったりと治療が思うように進まない事もあります。また、術後の治癒期間の経過も遅い傾向にあります。

それに対し、レーザー治療は麻酔も必要ない場合が多く、治療と同時に患部(歯周ポケット)への殺菌・消毒や消炎もしてくれる為、治癒期間の経過も非常に良好となります。治癒期間の経過がよく、回復の為の期間も短ければその分、治療も短期間で集中して行う事が出来るため、患者さんの負担も軽くなります。

 

レーザーにも幾つか種類がありますが、歯科治療の使用認可を受けているのは「エルビウムヤグレーザー」というレーザー治療です。その他にも炭酸ガスを利用した「炭酸ガスレーザー」などがありますが、治療院によって導入の有無があるでしょうから、レーザー治療を希望する場合は事前に確認する必要があります。

 

歯科用レーザーを用いることにより舌小帯の切除も従来より短時間で、痛みも出血も少なく出来るようになりました。