ご挨拶
歯周病が原因で抜歯や歯が抜けてしまった場合、インプラント治療が欠損補綴の第一選択肢と言えます。しかし、インプラント治療は口腔内の環境、噛み合わせなどすべてのケースにおいて治療条件が異なります。間違えた治療計画を立て、治療を行ってしまったら、全顎において問題を引き起こす可能性もあります。インプラント治療はただ単に欠損した箇所にインプラントをするのではなく、現状の歯周組織の状態、残存歯への負荷、咬合といった口腔内のすべての状態を加味した上でインプラント治療に取り組むことが必要です。お口の中を一口腔単位として治療をすることが大切です。


※初診時と治療計画
この患者さんは下顎左側3本、右側2本を歯周病で歯を失い、その他の口腔内の衛生状態も悪く、歯周病も進行してきています。まず、口腔内全体の衛生環境の改善と歯周病治療を行った上で、失った歯にインプラントを埋め込み機能回復を図る。

 

●左右の欠損している部分にインプラントを埋入しました。

●治癒期間を待ちます。

●型を取り、出来上がってきたセラミックの歯です。

 

●実際に上部構造を取り付けて治療完成です。見た目も機能も自分の歯のようになり、安心してご飯が食べられます。今後は口腔内の衛生環境の管理と歯周病のさらに改善をしていく予定。

 

※初診時と治療計画
来院された時には重度の歯周病を患い、ほとんどの歯がグラグラの状態でした。こういうケースでは残せない歯が多く抜歯することが多いです。治療計画としては残せない歯はすべて抜歯し、プラークコントロールをした上で、口腔内状態と患者様の経済状態などを加味した上で、インプラント治療にするか入れ歯にするかを決め治療をする。

 

●溜まった歯石を取り除き、上下の残せない歯を抜歯します。

●下顎はインプラント治療により機能回復をすること選択し、インプラントを埋入しました。

 

●上顎は入れ歯、下顎はインプラント治療を行いました。入れ歯とインプラントを併用する事により、抜歯をした口腔内でも機能と審美(見た目)を保つことができ、食べるときに困らない丈夫な歯を手に入れることができました。

京都インプラント通信
京都インプラント通信へジャンプ●京都インプラント通信

当院が運営している「京都インプラント通信」にて詳しい歯科治療の内容や、患者様の質問、疑問などにお答えしています。ぜひご覧ください。